2013年11月16日

第13回朝倉市国際子ども芸術フェスティバル 開催要項が決まりました

九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場・第13回朝倉市国際子ども芸術フェスティバル
開催要項 2013年11月08日実行委員会確認
  (フェスティバルの目的)
  @子どもたちに優れた舞台芸術の鑑賞機会を提供し、文化芸術活動に親しみ、子どもたちの豊かな人間性と多様な個性を育むことに努める。
  A「子ども」と「文化芸術」を大切にし、子どもが豊かに育つ文化芸術のまちづくりをめざす。
  Bこれまでの蓄積を継続し、朝倉市はもとより、九州沖縄地域全体の子どもに視野を広げ、全国・九州各地からの子ども達の参加をさらに広げるとりくみをすすめる。
  
  (第13回の事業計画と方針)
第13回朝倉市国際子ども芸術フェスティバル 
オープニング公演(劇団道化「三匹のこぶた」・チラシ参照)
     2013年11月23日(土)/24日(日)/30日(土) 
主催;ふくおか県民文化祭福岡県実行委員会・福岡県・福岡県教育委員会・福岡県文化団体連合会
    ふくおか県民文化祭朝倉市国際子ども芸術フェスティバル実行委員会
  A「朝倉っ子ぐる〜っと公演」(朝倉市子どものための舞台芸術地域公演)
           2014年2月〜3月 朝倉市全域 10ヶ所程度開催を目標
  B「第13回朝倉市国際子ども芸術フェスティバル」
      2014年3月21日(金)〜3月23日(日)
       2014年3月21日    開会式・特別招聘公演
          3月21〜23日  一挙上演
          (国内の芸術団体作品・海外の芸術団体の37作品62公演程度を予定)

2、主 催:朝倉市国際子ども芸術フェスティバル実行委員会
      九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場実行委員会
    《構成:九州沖縄地方子ども劇場連絡会、日本児童・青少年演劇劇団協同組合、(特)日本青   
     少年音楽芸能協会、全国専門人形劇団協議会、(特)九州沖縄子ども文化芸術協会》

3、共 催:朝倉市教育委員会、(特)はき子ども文化ゆめ基金
4、助 成:朝倉市、芸術文化振興基金
5、後 援:駐福岡大韓民国総領事館、福岡県、福岡県教育委員会、久留米市教育委員会、
      日田市教育委員会、筑前町教育委員会、小郡市教育委員会、うきは市教育委員会、
      太刀洗町教育委員会、東峰村教育委員会、朝倉市保育協会、朝倉市小学校PTA連合会、
      朝倉市中学校PTA連合会、朝倉市保育協会、朝倉私立幼稚園連盟、朝倉市観光協会、
      福岡県文化団体連合会、朝倉市文化団体連合会、朝倉市商工会、朝倉市商工会議所、
      筑前あさくら農業協同組合、朝倉森林組合、社会福祉法人朝倉市社会福祉協議会、
      原鶴温泉旅館協同組合、杷木文化協会      
6、協 力:(特)NICE(日本国際ワークキャンプセンター) 

7、連絡先:〒838−1514 朝倉市杷木久喜宮2787−2 子ども未来館 内
  電話 0946−63−9120 FAX 0946−63−9121   

(これまでの経過と成果)

@2000 年3 月旧杷木町(原鶴温泉)で、九州沖縄地方子ども劇場連絡会主催による2001 年度企画のため
の交流会が開催されたことが契機となり、2001 年3 月に第1 回九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場・
第1 回九州沖縄子ども芸術フェスティバル(参加者5,351 名)が開催されました。

A2002 年3 月、旧杷木町町制50 周年を記念し、地元市民が参加する杷木国際子ども芸術フェスティバル
として引継ぎ、さらに新市合併により朝倉市国際子ども芸術フェスティバルとして名称を改め、12 回目まで継続してきました。

Bこの12回のフェス(集中公演)で通算363団体383作品570回公演を実施し、のべ83,156名の参加者がありました。また、子どもたちの作品発表ものべ38団体が参加してきました。また、韓国、アメリカ、中国、香港、カナダなど海外の芸術家や子どもたちも参加し、国際的な文化交流をかさねてきました。

C子どもたちの舞台芸術の鑑賞機会が飛躍的に広がり、優れた子どものための舞台芸術の鑑賞機会として、国内でも有数のフェスティバルのひとつとして定着してきました。さらに、毎年国内・海外からの青年ボランティア、九州各地の子ども劇場、杷木文化協会や朝倉光陽高校からも多くの方々がボランティアとして支え、地元市民、中学生や高校生、高齢者など、市民の運営によるフェスティバルとして定着してきました。

D第9 回(2009 年)から「朝倉市子どものための舞台芸術地域公演(朝倉っ子 ぐる〜っと公演)」と称して、地域公民館や学校・保育所での巡回公演を市内全地域開催をめざし、のべ27箇所公演(入場者数2,165名)を実施してきました。さらにオープニング公演は、広く市民に参加を呼びかけるふくおか県民文化祭参加のとりくみとして開催し、4年間でのべ10回公演2,031名の参加者を迎えるまでに広がってきました。

Eこの12年間のフェス(集中公演)および巡回公演、オープニングを通じて、累計で607回公演、参加者総数87,352名となりました。(現在の朝倉市の人口56,923名の約1.5倍に相当)

(第13 回の目標)
13 回目を開催するにあたり、今年は次の目標に挑戦いたします。
@ ふくおか県民文化祭参加のオープニング公演(6回公演)を成功させる
A 朝倉市全地域の住民ぐるみでの子どものための鑑賞機会を充実する(朝倉っ子 ぐる〜っと公演)
B 子どものための舞台芸術作品を公募し、上演作品の充実をめざす
C 実行委員会、運営委員会、ボランティアの活動内容や体制の充実、運営資金の充実をめざす
D 貴重な観光資源としてアピールを強める
E 子どもたちの参加を大幅に増やす
F これまでの蓄積を継続し、朝倉市はもとより、九州沖縄地域全体の子どもに視野を広げ、全国・九州各地からの参加をさらに広げるとりくみをすすめる
Gオープニング、巡回公演、集中公演を含めて、74回公演、参加総数6,000名以上を目標とする
H子どもたちや一般の発表、表現の場と遊びの広場をつくり、子どもと市民の文化的な楽しみを広げる
I今後の継続をめざして、フェスティバル実行委員会の法人化をめざす
posted by あさくらふぇす at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 開催要項
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80708378
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック